室生寺軍荼利明王

murou.jpg (28744 バイト)
・宇陀市室生区室生
・享保12年(1727) ・安山岩
・近鉄「室生口大野」駅より室生寺行き
 バスにて室生寺前下車
   金堂前の東側の大きな岩に、 約1m
 の舟形を彫りくぼめ、 像高約80cmの
 軍荼利明王を半肉彫りする。

   10本の手を持つ異様な姿の石仏で
 あるが、 日笠をかぶったような炎髪と
 ユーモラスな顔がどことなく親しみをも
 てる。稚拙な表現であるが、 江戸時代
 の庶民の信仰の息吹が感じられる石
 仏である。  向かって左に、「煩悩即菩
  提 生死即涅槃」と刻む。