三谷阿弥陀磨崖仏

mitani1.jpg (27248 バイト)
・桜井市三谷
・鎌倉後期  ・花崗岩
・近鉄桜井駅からバス「小夫」下車、 東
  へ3km、  または、近鉄天理駅からバ
  ス「並松」下車、南へ3km
・ もとは、 寝地蔵と呼ばれる横向きに転
 落している地蔵磨崖仏と2体の対にな
 った磨崖仏であった。 高さ約60cmの
 二重光背を彫りくぼめ蓮華座に座す定
 印阿弥陀如来を半肉彫りする。端正な
 表情の整った石仏である。

 地蔵磨崖仏と同時代に造立されたもの
 と思われる。 地蔵磨崖仏には延慶2年
 (1309)の紀年がある。