米谷不動磨崖仏

maitani.jpg (31578 バイト)
・奈良市米谷町
・「室町初期」
・近鉄天理駅よりバス「国道五ヶ谷」下車
 東へ1.5km
・ 名阪国道にかかる薬師橋の谷あいの巨
 岩に、高さ35cmの火焔形を彫りくぼめ
 岩座上に立つ像高88cmの不動立像を
 半肉彫りする。 胸の所に 「カーン」 と不
 動明王の種子を刻む。

 形式化した室町初期の作風であるが、
 谷沿いの高さ3mを越える巨岩に彫られ
 いるため、岩自体の魅力が迫力のなさを
 補っている。